2006年04月23日

右脳派同士の打ち合わせ


今日はラフィーネカラープランニングの、協力パートナーであるパーソナルカラーのスタイリストさんと打ち合わせに出かけてきました。

場所は表参道。

さすがに休日の表参道はまだまだ人が多いですねぇ☆
家族連れと母と娘なんていういう組み合わせも目立ちました。

そんな中、長身の女二人は地下にある、美味しい、しかもお値段も手ごろなレストランへもぐりこみ、モリモリ食べながらキャハハ(がはは?かな 汗)仕事の話と今後の活動についての考えや想いなど、延々話込んでおりました。

お洒落で可愛いだけじゃない、彼女の考え方、前向きな姿勢、行動力はとても大好きで、プライベートの話もするけれど、多くは、これからの自分について、お互いの考えなどは止まらないくらい、話が合うんですねぇ。しかも、ランチとスイーツ、飲み物まで、頼んだメニューも全て同じとは、またまた親近感を覚えました

会話の中で、右脳派同士、だということが分かったのですが、きっと周りの人はなんだかペラペラ楽しそうに話をしているなぁ、と思わず聞き耳立ててみると、実は内容は、結構真面目な話をしていたんだ☆なんて思われたかもしれないなぁ。
それが、感覚で物事を捉えるのが得意で、創造力豊かな、右脳派同士の会話なのかもしれないですね。

女性は特に右脳の働きが良いと言われているけれど、話が始まるとその右脳の働きはますますフル回転をするのでしょうねぇ。

その鋭い感覚と創造力が働いて、お互いに、相手にはあって自分に無い部分は、瞬時に感覚で捉え、そして創造力が働いて頭の中で形にし、理解をし、吸収する。その先、行動するかしないかはその人の性格にもよりますが、もし、行動をしたのなら、お互いに刺激になり、win-winの関係になる、といった感じかな?

女性同士にはよく見られる後景ですよね。だから女性の考え、創造力は無限に広がり、企画ものには適しているんでしょうね。

最近では女性が企画したものが市場ではとてもウケがよく、逆に女性にウケない企画は淘汰される、なんて事に気がついている方は多いはず。

右脳派同士の会話と思考は、前へ前へ進み、常に新しいものを取り入れ、楽しみながら新しいものを生んでいく。しかも陽の右脳派同士のパワーは凄い!何より楽しい!の一言なのです


















hiromi16341 at 15:51│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile


ラフィーネカラープランニング
有限会社
代表取締役 近嵐 裕美
       (チカアラシ ヒロミ)
1972年2月16日生まれ
水瓶座

・日本抗加齢医学会正会員
・東京商工会議所認定
・カラーコーディネーター
・日本色彩学会正会員
・照明学会認定
・照明コンサルタント

【メディア掲載】
●Myhome@nifty
「春特集
〜部屋をコーディネートしよう〜」


●東京電力情報誌
 SOLA2007年夏号
 特集〜心に響くカラーの魔法〜
「色の効果」
「色をいかしたインテリア」

●アントレ2006年8月号

●アントレ2006年10月号

●求められる工務店の会 
 情報誌連載コラム
「色で作る家づくりのヒント」

●モダン・インテリアNo.9
「プロ・テイストの
 リビング&ダイニング」


【女社長・近嵐裕美の出演】

◆TBSテレビ
「中居正宏の金曜日のスマたちへ」
出演


◆テレビ東京
「日曜ビッグバラエティ」
出演


◆東京MXテレビ
 「女性社長インタビュー」
出演


◆東京FM
「シナプス」
ナレッジ&モア出演

★会社ホームページ★
☆NEW!!OPEN!!☆
【Raffine Beauty】
ビューティプロデューサー厳選
美のアイテムショップ

インテリアカラーのラフィーネ

Archives
QRコード
QRコード